子犬だけじゃない?ふやかしフードはこんなときにも使える

市販されているドックフードを水に浸して柔らかくするふやかしフードは、消化器官が未発達の子犬用のご飯です。しかしふやかしフードは子犬以外にも使える方法です。今回はふやかしフードの使い方についてご紹介します。

 

水分補給に

 

人間と同じく、犬にも水分は必要不可欠なものです。しかし犬の個体差や性格によっては、水をなかなか飲んでくれない犬もいます。ふやかしフードは、ドックフードに水分を含ませた食事方法なので、水分補給が必要な犬や水をなかなか飲んでくれない犬に対して効果的な食事方法です。

 

食欲低下時やドックフードを食べてくれないときに

 

ふやかしフードを作るときに、ぬるま湯を使うことで匂いが強くなります。犬は嗅覚が鋭い動物で、匂いが強いふやかしフードであれば、食欲が低下した時やいつものドックフードを食べてくれなくなった時でも食べてくれるケースが多いです。ドライフードでは匂いが少ないため、犬の食欲を促進したい時には、ふやかしフードはオススメの食事方法です。

 

消化吸収率アップ

 

ふやかすことでドックフードに含まれている栄養素の消化吸収率がアップします。ドックフードの栄養素をしっかりと吸収してほしい時や消化率をアップさせたい場合、水を含ませるだけのふやかしフードは簡単で手軽な方法と言えます。

 

消化器官や口の中に異常があるとき

 

病気や体調による消化機能の低下や口の中にできものが出来てしまった時に、柔らかいふやかしフードは愛犬に優しい食べ物になります。
特に犬は口内トラブルが多い動物で、固いドックフードが食べられなくなってしまうこともあります。このような病気気味な犬に対して、ふやかしフードは効果的な食事方法です。