ふやかしフードはいつまで食べさせる?

子犬向けのふやかしフードですが、いつまでもふやかしたドックフードでは噛む力が鍛えられません。また柔らかいふやかしフードは歯の間に挟まりやすく、定期的に歯磨きをする必要があります。犬がある程度育ったら、ふやかしフードから通常のドライフードに変更する必要があります。今回はドライフード移行時期の目安についてご紹介します。

 

目安は歯が生えそろう生後2〜3ヶ月

 

犬種や体の大きさなどにもよりますが、目安としては生後2〜3ヶ月の間にドライフードに移行させましょう。ふやかしフードは、まだ消化器官や歯が育ち切っていない子犬の食事をサポートするものです。消化器官に問題があったり、まだ歯がしっかりと生えていない場合は無理に移行させずにふやかしフードを継続させましょう。

 

移行時の注意点

 

ふやかしフードからドライフードに切り替える時は、一気に行うのではなく10日間ほど時間をかけて行いましょう。徐々にドックフードに入れるお湯の量を減らし、芯が残るくらいのふやかしにしていきます。芯が残った状態のふやかしフードでも問題なく食べられるのであれば、ドライフードに切り替えましょう。

 

移行中は便のチェックをしっかりと行いましょう。ふやかしフードにしてから便が硬くなったり、逆に柔らかくなってしまった場合、まだ消化器官がしっかりと育っていない証拠です。このような場合は、無理にドライフードを食べさせず、ふやかしフードを継続させましょう。

 

犬がドライフードを嫌がる場合も、無理に食べさせずふやかしフードに戻しましょう。ドックフードは子犬の健康な発育に必要な栄養素が詰まっています。ドライフードを嫌がり食事量が減ってしまうと、発育を阻害してしまいます。